きょもゆご|京本大我&高地優吾あざと可愛いエピソードまとめ

[きょもゆご]2人はあたりが強い?!

 

SixTONESファンの間では、京本さんと高地さんは癒し担当といわれており、とても穏便な2人ですが、実はこの二人、お互いにだけあたりが強いんです…。

京本さんはメンバーからも甘やかされていますが、そんな自由人な京本さんに唯一暴言を吐けるのが高地さんなんだとか…。

そんな二人の毒舌をまとめてみました。

・高地→京本
「海に落とすぞ!」
「お前に言われるのが一番うざい。」
「このクソ坊ちゃんが!」

・京本→高地
「(そのセリフ)かっこよくねえから。」
「やっぱ縄持つとSだな。」

などなど。

京本さんの天然で自由な行動にズバッと高地さんがツッコむシーンもあれば、普段口数が多いほうではない京本さんも高地さんのことになると饒舌になるシーンも。

今後SixTONESを見る際は、二人のテンポのいい掛け合いにも注目です!

 

あざといコンビ[きょもゆご]

 

そんな二人は最近“あざといコンビ”と呼ばれています。
この一連の流れはとあるライブのMC中に発生。

かっこいい曲でも1人にこにこしていたり、天然行動を見せる高地さんに対して、元々可愛いキャラで売っていた京本さんが、
「高地が最近俺のキャラ取ってくる!!」と発言したことから誕生しました。

それ以来京本さんがあざと警察となり、高地さんがあざとい行動をしないか見張っているんだとか…。

YouTubeではリスがえさを食べているのを見ると
「高地、あざとい勉強しとけよ。物食べるときは両手な。」
と二人で熱心にお勉強をしている様子も移されています。

ファンからすると
「2人ともあざとくて私たちより全然かわいいよ…。」と嘆きたくなる時も。

もしよければ、ちょくちょく見受けられるあざと行動を見逃さないようチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です